おもてにゃん

飲食店を開業するために必須のマーケティング基礎知識〜立地と顧客編〜 Views 33

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=20025
公開日:2017.05.15 最終更新日:2017.05.15

お店を出そうと思ったら最低でもマーケティングの基礎知識は知っておいた方がいいでしょう。
今回はマーケティング戦略を考える上での最初のステップについてお話していきます。

・立地と顧客は相関関係にある
飲食店を出すときは、そのお店のコンセプトというものを決めていると思います。
そしてそのコンセプトにあった立地と顧客を決めていくのですが、これが重要なポイントです。

例えばあなたが主婦をターゲットにしたカフェを開きたいとなった時、あまり主婦が集まらないビジネス街に開業してもお客様はあまり集まらなさそうですよね。
ビジネス街には働き盛りのサラリーマンが多く、その人たちは自分たちの入りやすい店を好みます。
もしかすればオフィスレディが来客してくるかもしれませんが、もともとあなたがターゲットとしていた顧客層は主婦のため、期待している顧客を得ることができません。

このように立地と顧客層は非常に結びつきの強い相関関係になっています。
「こんなお店を開きたい」という場合には、そのターゲットがどこに良く集まるかを調査する必要があります。
逆に立地を決定したら、そこにはどんな人が集まりやすいかを調査する必要がありますね。

立地と顧客の関係についてご紹介してきましたがご理解いただけたでしょうか。
この知識を知らないままに「私のお店はコンセプトがしっかりしているから大丈夫」と開業すると失敗してしまう可能性があります。
飲食店を開業する際はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。 来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。 ブログで情報発信しているから、見逃さないで。 ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る