おもてにゃん

開業間近のクリニック必見!! 広告を作る時に注意してほしい事とは!! Views 64

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=21176
公開日:2017.08.09 最終更新日:2017.08.09

 

前回の記事では、広告の重要性についてお伝えしました。

・来てもらえる広告を作る
・広告を使う時を見極める

この2点を踏まえることで、費用以上の収益を生む広告を作ることができます。
当然の事ですが、何も捨てずに何かを得ることはできません。
一時の出費は痛いように思えるかもしれませんが、長い期間で考えれば不可欠な事です。
クリニックの運営をさせてくれるような広告を作りましょう。
今回も、クリニックの広告に関する内容をお伝えします。
この記事は、広告を作る際に注意してほしい事に関するものです。
それらを守らないと、広告によって経営を危うくしてしまうかもしれません。
そのような事態を避けるためにも、この記事を参考にした広告を作りましょう。

・クリニックとして求められる事を遵守する

クリニックが広告を作成する際、医療法などのルールを守る必要があるのです。
当然の事ですが、広告で患者さんを不安にさせてしまうようなことを載せてはいけません。
制作側はそう思っていなくても、患者さんがそう思ってしまえば、そのクリニックに対する信頼性は大きく下がってしまうでしょう。
また、他のクリニックと比較することもしてはいけません。
クリニックには、一つ一つの良さがあります。
そのため、人によって、クリニックの合う・合わないがあるのです。
自分が好きなクリニックが貶められるのは嫌ですよね。

「不安を煽らない」、「比較をしない」

この2点を踏まえた上で、広告を作成しましょう。

・効果と費用のバランスを考える

広告を何も考えずに出しても、何も効果は生まれません。
数打てば当たることもありますが、その方法は望ましくないでしょう。
ここで注目してほしいのは、費用と効果のバランスを取ることです。
内容に費用をかけすぎて多くの人に見てもらえなければ、広告としての意味がありません。
数に費用をかけすぎて内容が雑になってしまえば、興味を示す人はほとんどいないでしょう。
このように、どちらか片方に注力してしまうと、広告としての役割が果たされなくなってしまいます。
そのため、効果と費用のバランスを意識する必要があるのです。
それらを踏まえて、経営を支えてくれる広告を作成しましょう。

今回は、広告を作る際に注意してほしい事をご伝えしました。
マナーが守られていて、効果と費用のバランスを考えられた広告であれば、経営を支えてくれる大きな力に成ります。
広告はチラシ以外にも様々な方法がありますよね。
自分達に合った広告を選んで、経営を安定させませんか。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。 来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。 ブログで情報発信しているから、見逃さないで。 ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る