おもてにゃん

開業前に確認!きっちり理解してより効果的にペルソナを活用するために!ペルソナを作るメリット・デメリットって? Views 14

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=22565
公開日:2017.12.06 最終更新日:2017.12.06

さらなる業績アップを狙っている人や、これから新しく開業を考えている人など、色々な方がいらっしゃるかと思います。様々なビジネスの手法の中でも、ペルソナ手法は有効な手法の1つです。

しかし、みなさんそのメリット・デメリットを理解していますか?

メリット・デメリットを理解してい

ないと、ペルソナ手法が逆効果になってしまったり、効果が薄まってしまったりしてしまいます。

ということで、今回はペルソナ手法のメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

■ペルソナ手法のメリット

・意思決定の軸が決まる

これはペルソナを作成する最大のメリットです。商品の開発の際多くの場合はマーケターやエンジニア、デザイナーなど複数の人と話しながら、開発が進められます。この際に具体的なターゲット像、つまりペルソナが決まっていれば同じビジョンを見ながら話を進めることができ、ターゲット像がずれることが少なくなります。

またターゲット像がはっきりしているので、話し合いの質を高め短時間で効率の良いミーティングを行うことができるようになるでしょう。

・顧客への理解が深まる

ペルソナを作る際には、徹底的に調べた上でターゲットとなるペルソナを決定します。

ですので、観察やインタビューを繰り返すうちに自然と顧客への理解が深まることが2つ目のメリットとしてあげられるでしょう。

顧客目線で物事を考え、ニーズもイメージしやすくなり、より顧客に寄り添った考え方や発想が浮かんできやすくなります。

■ペルソナ手法のデメリット

・ペルソナの作成を失敗すると妥当性が低下する

ペルソナ手法の唯一のデメリットは、ペルソナの作成を失敗してしまうと、その後の狙いが全て外れてしまうことにあります。

詰めの甘いリサーチなどが質の悪いペルソナを作ってしまう主な原因です。

ペルソナは効果的なツールである分、うまく作成できないと妥当性が低下してしまうので気をつけましょう。

・コストと時間がかかる

ターゲットとなるペルソナの出来、不出来がそのまま反映されてしまうので、ペルソナは慎重に時間をかけた調査を元に作成するのが一般的ですが、そのためにある程度の時間とコストを割かないと質の良いペルソナを作ることはできません。

時間にもお金にもある程度かかることを覚悟してペルソナを作るようにしましょう。

 

いかがでしたか?

これらのメリット・デメリットをよく理解するとこが質の高いペルソナを作るコツです。

ペルソナ手法を効率よく利用し、業績アップや開業を成功させましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る