おもてにゃん

開業前にしっかりスタッフを教育する!マニュアル作成方法 Views 39

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=22210
公開日:2017.11.16 最終更新日:2017.11.16

開業するにあたって、順々に準備を進めていき残るはスタッフ教育のみ!

スタッフ教育をきっちり行っておかないと、今後訪れていただいたお客さんにもう一度訪れてもらうせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

そうならないためにも今回は、開業前にしっかりスタッフを教育するためのマニュアル作成の方法をご紹介したいと思います。

■わかりやすくしっかりとしたマニュアルをつくる

まず、マニュアル作りの前に「わかりやすくしっかりとしたマニュアルをつくる」ということを頭にいれておきましょう。

わかりやすくないマニュアルは、オープニングの時だけでなく、今後新しく入って来たスタッフにとってもわかりにくいので、トラブルの原因になります。誰が読んでもわかるようなものにしましょう。

■マニュアルに写真を入れる

わかりやすいマニュアルを作るためには、マニュアルに写真を入れることが重要です。
オープン初日に手順を忘れてしまったりした時に、もちろん他のメンバーに聞くこともできますが、いそがしくて手が離せない時もあります。

そんな時にマニュアルにしっかりと写真付きで記載してあれば、とてもわかりやすいでしょう。

また、写真を入れてあげることで写真が映像として脳に残るので仕事が覚えやすくなる効果もあります。

■誰が見てもわかるマニュアルを作る

誰が見てもわかるマニュアルというのは、その分野に関しての知識がない人が見てもわかるようにということです。

たまにあるのが、その分野の専門用語ばかり使って書いてあり、意味が理解できないということです。

専門用語を使う際は隣に説明書きで補足したりするなどの工夫をして、誰もがわかるマニュアルを作りましょう。

■他のスタッフの意見も取り入れる

マニュアルを作る際に、意識して行って欲しいのは、他のスタッフの意見も取り入れるということです。

どれだけ初めに準備したとしても、実際に営業が始まれば想定外のトラブルが起こったり、思いも寄らないことが起こったりします。

そのようなことをなるべく避けるためにも、スタッフ全員で考えることが重要です。

オープン前のロールプレイング練習などを行った後に、意見を聞くと良いかもしれません。
たくさんの意見を取り入れ、柔軟にマニュアルを作っていくことが良いマニュアルを作る一番の近道です。

 

いかがでしたか?
きっちりとスタッフ教育を行えばサービスが向上し、わざわざ遠方から訪れてくれるリピーターを作ることにもつながります。

スタッフ教育をしっかり行い、街の人に愛されるお店を作りましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る