おもてにゃん

開業前にきっちり市場調査を行なって開業を成功するポイント Views 33

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=22212
公開日:2017.11.23 最終更新日:2017.11.23

開業を考えている人なら誰でも成功したいと思いますよね。実はそんな開業後の成功のカギを握るのは、開業前の市場調査なのです。

しかし、市場調査といっても何から始めたらよいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ということで今回は、開業前にきっちり市場調査を行なって開業を成功させるためのポイントをご紹介しようと思います。

■ エリアを絞る

まず市場調査を行う前に出店したいエリアを絞り込みます。

それから市場調査を行なっていくのですが、絞り込む際に意識しなければならないのが「開業しようとしている事業のターゲット層がどれくらいこのエリアにいるか、この店の前を通るか」ということです。

例えば、多くの大学生がよく通る道に高級フレンチレストランを開いても、大学生はあまり店に足を運ぶことがないです。

それよりも、安さが自慢のお店、もしくはデカ盛りが売りのお店を開いた方が大学生のニーズを満たしているので集客につながるでしょう。

大切なのはそのエリアに集まってくる人のニーズに対し、その事業が合っているかどうかを考えることです。

出店エリアを検討する際には、全く知らない街よりもそのエリアにどのような人が集まってくるかどうかよく分かる、あるいはよく知っている街を選ぶことをオススメします。

■定量的な市場調査を行う

開業したいエリアが絞れたら、次は実際に定量的に市場調査を行なっていきます。

時間帯毎の駅の利用者数や男女別人口、年齢別人口を調べましょう。実際に物件の場所がだいたい決まっている場合は、その物件の前で市場調査を行います。

しかし、商圏調査サービス会社に依頼すれば、自分で調べなくとも1エリア辺り数千円で定量的なデータを受け取ることも可能です。

自分でデータを取る場合は、15分間ずつデータを取ってき、4倍すればおおよそ1時間あたりの通行量を求めることができます。

この際に、性別や大体の年齢も忘れずにノートに取っておきましょう。

そうすることで、その店舗の周りのエリアにどのような人が多くいるのかが分かるようになります。

■競合店を調査する

また、自身の事業がそのエリアの人々のニーズを満たしているかどうかの他に、周りの競合店がどれくらいあるのかも知っておきたいところです。

競合店は一般的にお客様が徒歩の場合だと500メートル、自転車の場合1キロ、自動車の場合5キロ以内となります。

実際に自分で車や自転車で移動してみれば、よりお客様目線で考えることができて良いでしょう。

 

いかがでしたか?
きっちり市場調査を行なっていれば金融機関に融資を申請する際にも融資を受けられる確率が高まります。

しっかりと市場調査を行なって開業を成功させましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る