おもてにゃん

開業を考えている方必見!開業資金ってどうやって集めればいいの? Views 23

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=22213
公開日:2017.11.27 最終更新日:2017.11.27

開業を考えている方の中には「開業資金っていくら必要なの?開業資金ってどうやって集めればいいの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

もちろん多ければ良いに越したことはないですが、やはり目安でも知っておきたいものですよね。

ということで今回は、「開業資金が一体いくら必要で、どうやって集めるのか」というテーマでお話ししたいと思います。

■開業資金はいくら必要?

もちろん、開業資金はどのような会社を開業するのかによって様々ですが、基本的に開業資金の目安としては年商の50%は準備しておきたいところです。

店舗を運営する場合、店舗物件にかかる費用が最もコストがかかります。

店舗を借りるためには、不動産への仲介手数料や保証金などがあり、また内装工事や設備費もかかるためかなりの資金が必要となります。

インターネットビジネスなどの無店舗ビジネスの場合、店舗を運営する場合と比べて物件費用は全くかかりません。

しかし店舗がなくても、広告費用などのビジネスを行うための費用はかかってしまいます。

自宅を利用した起業だと、店舗物件にかかる費用はなく賃貸に関しての物件費用は発生しないのでその分負担は軽くなります。

ただ、その家で使っている電話やファックスはビジネス用として利用することはできないので、新しく買い換える必要があります。

■開業資金の集め方

新しく開業するための資金集めですが、元々貯金が十分にある方は問題ありませんが、不足している方は資金が足りなければ開業はできません。

開業資金を集める方法は、一般的に2つあります。

・自己資金や個人借入する方法

1つ目の資金集めの方法は、開業資金を自己資金や個人借入で補う方法です。

もし開業資金が十分だったとしても、開業資金の最低額のみ準備するのでは不十分です。

開業を行なった後、すぐに何が起こるかわからないので、多めに資金を調達しておく方が良いでしょう。

借入をする場合は、自己資金額が多い方がより有利な条件でお金を借りることができるので、多めに集めるようにしましょう。

・融資を受ける方法

金融機関からのお金の借入ができなかった場合は、融資を希望してみましょう。

金融機関では、自己資金額と担保能力さらに事業計画をチェックされます。

さらに、融資を受けられると周りからの信頼も得ることができ、これからの会社の運営に有利になるでしょう。

 

いかがでしたか?
ビジネスの開業には十分な資金が必要となります。

予め、いくら必要になるのか、しっかりと開業資金をどのように集めるのか計画を立てておきましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る