おもてにゃん

開業するなら知っておこう!開業準備期間中に行わないといけないことって? Views 25

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=22214
公開日:2017.11.30 最終更新日:2017.11.30

「飲食店を開業したいけど一体どれくらいの準備期間がいるかわからない」
「準備として何をすればいいの?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか?

実際、飲食店の開業までに取り掛からなければならないことはたくさんあり、それらをわかっていないと、後々スムーズに開業できなかったりトラブルの原因になったりします。
ということで、今回は飲食店の開業までに行わないといけないことと必要な準備期間についてお話ししたいと思います。

飲食店の開業には一般的に1年ほどかかると言われていて、開業前にしなければならないことは大きく分けて7つあります。

■コンセプト設定・事業計画

開業1年〜10ヶ月前には、コンセプト設定・事業計画を始める時期です。

客層、業態、出店したいエリア、価格帯、利用動機、営業時間などをどのような店にするかコンセプトを作り、事業計画を立てましょう。

事業計画にはコンセプトだけでなく資金額や開業後の畝位計画なども含まれます。

■物件探し

開業の8ヶ月〜10ヶ月前には、物件探しを始めなければなりません。

物件探しはコンセプトにあった物件を探します。

そしてもし、どうしてもコンセプトに合った物件が見つからなかった場合は、コンセプトをもう一度考え直しましょう。

■資金調達

開業に必要な資金の調達を行います。

金融機関でお金を借りるために必要な資料を揃え、資金を集めます。開業の6〜8ヶ月前ぐらいに、資金調達に取り掛かりましょう。

■店舗内装設計・メニュー開発

開業6ヶ月前にいよいよ店舗内装設計を行い、4ヶ月前には工事に取り掛かります。

また、店舗で出すメニューを決め、値段設定も行います。

■備品購入

店舗で利用する備品の購入は開業3ヶ月前が良いでしょう。

また、予めリストを作っておくと備品を取り揃える時にスムーズに行うことができます。

■求人・マニュアル作り

備品購入後、求人を行い、社員、アルバイトのオープニングスタッフを集めましょう。

また、同時進行でマニュアルを作ってしまえばスタッフ教育の際に楽に行うことができます。

■スタッフ教育・宣伝

遅くとも、スタッフ教育は開業2ヶ月前ぐらいに行います。

また、開業の1ヶ月前から宣伝を行いましょう。どちらもしっかりと行い、開店準備に備えましょう。

 

いかがでしたか?
ビジネスプランをしっかり立てていなかったために、せっかくの会社の運営がうまくいかなかったら嫌ですよね。

これらのことを踏まえて、しっかりビジネスプランを立てましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る