おもてにゃん

自営業の屋号の付け方!<お客さんを惹きつける屋号を考えよう> Views 45

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=22559
公開日:2017.12.15 最終更新日:2017.12.15

開業する際に様々な書類で見かける屋号。

屋号とはそのお店や事務所の名前に当たるもののことで、屋号でその事業のイメージが付くとても重要なものです。

しかし、屋号をどうやってつければよいか、なかなかイメージが湧かず迷っている人もいるのではないでしょうか。

ということで今回はお客さんを引きつける屋号の付け方のポイントを紹介したいと思います。

<お客さんを惹きつける屋号を考えよう>

■屋号から事業内容を理解できる

屋号で一番大切なのが、その屋号を一目見て何をしているところなのか顧客が理解できる名前にするということです。

屋号から事業内容がイメージしやすいネーミングはつけることで、屋号そのものが顧客に認知されやすく宣伝効果があります。

例えば、◯◯ピザという名前のお店があれば、ピザを提供しているところだと一目瞭然ですよね。

オススメはこの◯◯ピザのように「固有名詞とサービスの名称」の組み合わせです。

■読み書きしやすい

屋号が長すぎる名前や外国語であったり、聞きなれない言葉であったりするものは避けるのがよいでしょう。

というのも、聞きなれない言葉や長すぎる言葉は私たちの記憶に残らず人に覚えてもらうことが難しいからです。

長くても短く略すことが可能であれば問題ありませんが、シンプルかつ聞きなれた言葉を選ぶ方が無難です。

■信用できるイメージが湧くものを選ぶ

個人営業の大きなデメリットとしてあげられるのが、信用性が法人に比べて劣ることです。

ですので、できる限り信用や事業の規模を表せる言葉を選ぶとよいでしょう。

◯◯オフィス、◯◯グループや◯◯事務所などしっかりしているようなイメージを与える名前だとなおよいでしょう。
ただし、「会社」「法人」「銀行」「信用金庫」などの言葉を用いることは禁じられているので注意しましょう。

■グーグルで競合他社を検索してみる

考案した屋号の候補をクーグルやヤフーなどの検索ツールで一度検索してみて、すでに同じ屋号や似た名前の競合がいないかどうか確認しましょう。

また、検索サイトからの上位表示を狙うのであれば、ビックワードと呼ばれるありふれた普通名詞にするだけでは不十分です。

上位表示を狙うためには、「固有名詞とサービスの名称」などのネーミングにすると検索でヒットされやすくなります。

 

いかがでしたか?

屋号は顧客にお店のイメージ伝える大切なものです。

以上のことを参考に、じっくりと考えて納得のいくものにしましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る