おもてにゃん

挨拶回りって具体的にどうすればいいの? Views 123

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=20980
公開日:2017.07.21 最終更新日:2017.07.21

もうすぐ開業するという方にとって、一番大切なのが挨拶回りです。重要性を認識していない方が多いように見受けられます。挨拶回りをするかどうかで、今後のその店の将来が変わると言っても過言ではありません。開業のスタートダッシュを失敗しない為にも、挨拶回りについてしっかり学んでおきましょう。前回は、挨拶回りの重要性とメリットについてお伝えしました。そこで今回は、挨拶回りは実際にどのような事をすれば良いのか。これについて考えていきたいと思います。

・タイミング

開業を決めたら、できるだけ早くするのが良いでしょう。早くすればするほど、ご近所さんを回る余裕ができるので、多くの情報を得ることができます。周りの情報を得ておくことで、将来のトラブルを未然に防ぐことができます。更に、より多くの人に、自分の店がオープンするのを楽しみにしてもらう事ができます。一日で全ての家を回ることは不可能ですので、開業の準備と並行して行うのが良いでしょう。準備ができないからといって、挨拶回りを後回しにしてしまうのは良くありません。

備品の準備をすることももちろん大切ですが、来店を促すことや予約をしてもらう方が大切です。具体的な時期としては3カ月以内、最悪の場合でも半年以内に行くようにしましょう。開業の半年以上後に挨拶回りとなると、オープン時の新鮮さや感動も薄れますし、自分の優先度が低いと思われ、むしろ悪印象を抱かれることもあります。

・粗品と金額

やはり、皆さんが一番気になるのがここではないでしょうか。大前提として、手ぶらはありえません。手ぶらで挨拶回りに行くのならば、行かない方が良いでしょう。両隣や上下の方には、少し良い物を渡して差を付けるのは必須です。

具体的な金額としては、「両隣」に1000円、「その他」は500~1000円程度が良いでしょう。菓子折りなど高価なものですと、相手に気を使わせてしまいますし、何よりもこちらの予算を圧迫することになります。

具体的なものとしては「タオル」「洗剤」「ラップ」などが一般的です。消耗品であるのが前提ですが、あなたが開業する業種と関連のあるものが良いですね。美容院ならお試しシャンプー、歯医者なら歯ブラシなど、関連付けられるものが良いでしょう。特にスイーツショップであれば、自分の店で売る予定の焼き菓子などですと、相手は深く印象に残ると思います。

挨拶回りをするかどうか、迷うくらいならする方が良いです。挨拶回りで不快感を表す方は居ないでしょう。開業は初めが肝心ですので、素晴らしいスタートダッシュを切れるようにしましょう。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る