おもてにゃん

今の集客方法で大丈夫? キャッチの成功率を上げる方法とは!! Views 101

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=21164
公開日:2017.08.11 最終更新日:2017.10.23

 

小さな飲食店にとって重要な事、それは「集客」ですよね。
集客を行わなければ、いつまでも自分の店は認知されず、廃業の道を辿ることでしょう。
しかし、集客をすれば必ずお客さんが来てくれる訳ではありませんよね。
そのことは、皆さんも身を通じて経験されていると思います。

「どうして集客しているのに、お客さんが来ないんだろう?」
その答えは、集客方法とお客さんのシチュエーションのギャップです。
その時に、お客さんのシチュエーションに合わせた集客方法でなければ、お客さんは来てくれません。
今回の記事を参考に、効果的な集客ができるようになりましょう!!
今回は、お客さんのシチュエーションに対応する2つの集客方法の内、1つお伝えします。

・直接的な集客

1つ目の集客方法は、「直接的な集客」です。
馴染みのある言葉にすれば、「客引き」や「キャッチ」と言えるでしょう。
この方法、成功率はあまり高くないと感じていらっしゃる方もいらっしゃいますよね。
その原因は、「お店に来てくれるお客さんの状態が限定的」だからです。

キャッチが成功するお客さんの状態とは、「お店が決まってなく外食したい状態」と言えるでしょう。
その上、先に声をかけた早い者勝ちです。
余程魅力的な条件が無い限り、同じ地域の飲食店と「いかに早く声をかけるか」のレースになります。
そのレースに勝つための方法として、キャッチ専用の人材を用意する方法がオススメです。
何度も経験を積んで、「あの人なら来てくれそう」と判断し、スグにでも声をかけられるような店員を用意する必要があります。
小さなお店の場合、そうでもしなければ大手チェーンや他のお店にお客さんを取られてしまうでしょう。
来てくれない人に時間をかけて、来てくれる人を逃してしまうのを避けるためにも、そのような人材の育成は欠かせないのです。

・外食したいけど店が決まってない人を見極められる
・競合他社の人よりも先に声をかけられる
・他の店より得ができる仕組み

これらの点を踏まえた上で、キャッチなどの直接的な集客をするようにしましょう。

今回は、キャッチなどの直接的な集客方法についてご紹介しました。
この方法を成功させるためには、多くの条件が必要となります。
それらをクリアできる、工夫、人材などを揃えて、少しでも多くのお客さんを自分のお店に呼べるようにしましょう。
成功率の低いこの方法を成功させるためにも、今回の記事を参考にして、他社に負けないようにしませんか。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る