おもてにゃん

テナント開業する際の注意すべきデメリット Views 112

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=20510
公開日:2017.06.29 最終更新日:2017.07.06

人通りが多いため集客がしやすく、広告費の削減に繋がったり、居抜き物件なら競合が少なかったり、前の店の備品を扱えるというように、

テナント開業にはたくさんのメリットがあります。
しかしその反面、テナント開業にはいくつかのデメリットもあります。
今回はそんな注意しておくべきテナント開業のデメリットについてご紹介します!

■事業を拡張しづらい

テナント開業の最大のデメリットだと言えるのがスペースを拡張できないことです。
借りているスペースは決まっているので、仮に予想していた以上に繁盛しても、戸建開業のように増補改築したり、

近隣の土地を購入してより広いスペースを確保できず、店舗のスペースを増やすことが出来ません。

■競合の存在

また、テナントによっては同業種が近い位置に集められている場合もあり、競合となり得る店舗に囲まれてしまう可能性もあります。
ですから、テナントに応募する前にしっかり近辺の環境や条件を、吟味しておく必要があるのです。
いかがでしたでしょうか?
テナント開業のデメリットについてご理解いただけたかと思います。
戸建開業とテナント開業、それぞれの形態のメリット・デメリットを把握し、

自店舗にあった計画的な開業をすすめていきたいですね。

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。 来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。 ブログで情報発信しているから、見逃さないで。 ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る