おもてにゃん

そんなの効果あるの!?「のぼり」が開業時の集客にいいんです! Views 81

[この物件の短縮URL]https://kobe.tenpoichiba.net/?p=21754
公開日:2017.10.10 最終更新日:2017.10.10

開業前にしっかり考えておかなければならないのが集客の戦略です。

しかし、そもそもどのような集客方法があるのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。

集客方法と言えばチラシなどのアナログなものから、インターネットを使ったものなど様々です。

今回は、そんな中でも見落としがちな、店舗でできるのぼりを使った集客術についてご紹介したいと思います。

■のぼり

どのような店でもよく見られるのぼり旗も店舗に入るかどうかを決める大切な宣伝材料となり、特に飲食店であれば欠かせないものとなっています。

・のぼりのデザイン次第で店の第一印象が決まる

店内に入るかどうかを決める際、重要になるのが看板やのぼりのデザインです。

もちろんそのお店の外観も重要ですが、車や自転車で走っている人にはお店の外観よりものぼりの方が目に行きます。

どのような雰囲気のお店なのか、それを一瞬で伝えるのがぼりの役割となっています。

また、看板やのぼりを作る際に気をつけたいのが、それらのデザインが目立つことよりもデザイン性を重視した方が良いでしょう。例えば、コーヒーが飲める カフェをオープンするとしましょう。

この時に注意したいのが、このカフェの店内のイメージとお店の狙うターゲットの看板やのぼりが、マッチすることです。おしゃれなカフェをオープンしたい時に目立ちすぎる看板よりも、シンプルで落ち着いた雰囲気のある看板やのぼりを作る方が良いのはわかりますよね。

看板やのぼりはしっかり考えて、お客様の注意を引き、ターゲットや店舗にあったものを作るようにしましょう。

・のぼりは遠くからでも存在を示すことができる
のぼりを置くことで、たとえ看板が見えていなくともお店の存在を示すことができます。また、二階に店舗があるような店の場合気づいてもらえなかったりすることがありますが、のぼりを置くことで遠くからでも気づいてもらえるようになります。

・のぼりはコストパフォーマンスが良い

大掛かりな看板にくらべて比較的製作費用が安く、何度も繰り返し作ることができます。

また、安価なのでサービスに合わせて入れ替えたりすることも簡単にできパフォーマンス性も良いです。

また、重量も軽く誰でも設置でき、時間も手間もかかりません。

さらに収納スペースもそれほどいらず、のぼりがあって困ることはないでしょう。

 

いかがですか?

昔からあるアナログな方法ののぼりですが、その集客効果はまだまだ絶大です。

のぼりを目的に合わせて使ってより大きな効果を得ましょう!

各種ご相談については下記より

フリーダイヤル:0120-1976-18,FAX:078-335-5402

『神戸店舗市場Ex』メンバー登録して貸物件情報や新規開業の際に役に立つ情報を受け取る

投稿者が書いた記事

おもてにゃん

投稿者プロフィール

おもてにゃん

2016年12月に入社したおもてなし担当のおもてにゃんです。
来てくださった皆様にとって役に立つ情報をお送りしていくにゃ。
ブログで情報発信しているから、見逃さないで。
ちなみにぼくは男の子だから間違えないでね!


ページトップへ戻る